Firebaseプロジェクトの作成 (STEP 1 : 誰でも読み込み・書き込みできるタスク管理アプリを作る - React + Redux + Firebase チュートリアル)

★前回の記事

yucatio.hatenablog.com

Firebaseでアプリを開発するのには、まずプロジェクトをFirebase consoleで作成する必要があります。プロジェクトの作成の手順を示します。

1. Firebase Console (https://console.firebase.google.com/)を開きます。

2. プロジェクトを追加 を押します。

f:id:yucatio:20180923171113p:plain

3. プロジェクト名を入力します。今回は todo-sample という名前にしました。

f:id:yucatio:20180923171831p:plain

4. 少し待つと、プロジェクトが作成されます。

f:id:yucatio:20180923221052p:plain

5. 作成したプロジェクトを開きます。

6. 左のメニューのDatabaseを選択します。(2018年9月現在)一番上にCloud Firestoreが表示されてますが、その下の Realtime Database を今回は選択します。

f:id:yucatio:20180923222450p:plain

7. テストモードで開始 を選択します。

f:id:yucatio:20180923222301p:plain

これでFirebaseプロジェクトの作成とデータベースの作成が完了しました。

★次回の記事

yucatio.hatenablog.com

★目次

yucatio.hatenablog.com