Firebaseアプリの公開 (STEP 2 : ユーザ認証を行なって、自分だけが読み込めて書き込めるタスク管理アプリを作成する - React + Redux + Firebase チュートリアル)

★前回の記事

yucatio.hatenablog.com

アプリが完成したので、Firebaseにアプリを公開します。

ビルドします。

$ yarn run build

一旦ローカルで正常に動くか確認しましょう。

$ firebase serve

http://localhost:5000にアクセスして、動作確認しましょう。 確認が終わったら、Firebaseにデプロイします。

$ firebase deploy

=== Deploying to 'todo-sample-xxxxx’…

i  deploying database, hosting
i  database: checking rules syntax...
✔  database: rules syntax for database todo-sample-xxxxx is valid
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: beginning deploy...
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: found 7 files in build
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: file upload complete
i  database: releasing rules...
✔  database: rules for database todo-sample-xxxxx released successfully
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: finalizing version...
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: version finalized
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: releasing new version...
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: release complete

✔  Deploy complete!

Project Console: https://console.firebase.google.com/project/todo-sample-xxxxx/overview
Hosting URL: https://todo-sample-xxxxx.firebaseapp.com

無事デプロイできたので、https://todo-sample-xxxxx.firebaseapp.com にアクセスします。(todo-sample-xxxxは自身のプロジェクトIDに置き換えてください。)

f:id:yucatio:20181006220312p:plain

f:id:yucatio:20181004224928p:plain

アプリが公開できました!

Firebaseで公開されている内容が更新されていないようなら、 firebase.jsonの内容が正しいかどうか確認してください。以下の記事を参照してください。

yucatio.hatenablog.com

これでSTEP 2は終了です。おめでとうございます!STEP 3ではCloud Functions for Firebaseを利用します。

★次回の記事

yucatio.hatenablog.com

★目次

yucatio.hatenablog.com