Firebaseアプリの公開(STEP 4 : Material-UIの導入 - React + Redux + Firebase チュートリアル)

★前回の記事

yucatio.hatenablog.com

アプリの修正が完了したので、Firebaseにアプリを公開します。

ビルドします。

$ yarn run build

一旦ローカルで正常に動くか確認しましょう。

$ firebase serve --only hosting

http://localhost:5000にアクセスして、動作確認しましょう。 確認が終わったら、Firebaseにデプロイします。

$ firebase deploy --only hosting

=== Deploying to 'todo-sample-xxxxx’…

i  deploying hosting
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: beginning deploy...
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: found 8 files in build
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: file upload complete
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: finalizing version...
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: version finalized
i  hosting[todo-sample-xxxxx]: releasing new version...
✔  hosting[todo-sample-xxxxx]: release complete
✔  Deploy complete!

Project Console: https://console.firebase.google.com/project/todo-sample-xxxxx/overview
Hosting URL: https://todo-sample-xxxxx.firebaseapp.com

無事デプロイできたので、https://todo-sample-xxxxx.firebaseapp.com にアクセスします。(todo-sample-xxxxは自身のプロジェクトIDに置き換えてください。)

f:id:yucatio:20181219103049p:plain
最近の更新

f:id:yucatio:20181219103107p:plain
ログインしたユーザ自身のタスク一覧

f:id:yucatio:20181219103136p:plain
ログインしたユーザ以外のタスク一覧

アプリが公開できました! Material-UIのスタイルが適用されています。

これでSTEP 4は終了です。見た目が整うと誰かに見せたくなりますね。

★次回の記事

★目次

yucatio.hatenablog.com