Javaエンジニア、React+Firebaseでアプリを作る

趣味で作ったものいろいろ

『Spring Framework超入門 ~やさしくわかるWebアプリ開発~』を読んだ

Spring Framework超入門 ~やさしくわかるWebアプリ開発~』(著: 樹下雅章)を読みました。


感じたことを書いておきます。

読みやすい

著者がプログラミングの講師ということもあってか、日本語が読みやすいです。内容がスッと入ってきます。

動くものを作ることで理解が深まる

本書はサンプルコードが豊富です。サンプルを書き写すことによって、今までなんとなく理解していたSpringの挙動が、実感をもって理解ができました。サンプルコードの量も、ちょうどよいと思いました。

内容は易しめ

内容は、Spring DI、AOP、Data、Validation、Thymeleafの基礎的な話題です。それぞれ丁寧なサンプルがあります。最後に簡単なアプリ作成を通して内容を総ざらいします。

Web開発の基礎知識は必要

Javaの基礎知識はもちろん、Webの基礎知識は読む前に必要と感じました。クライアントサーバ、DB、MVClombokなど簡単には説明されていますが少ないです。

Webの知識があってSpringが初めてならかなりおすすめ

というわけでWebの知識があってSpringが初めてならばかなりおすすめできます。SpringはDIなど初めてだとちょっと戸惑う部分があるので、書いてみてどう動くか体感するにちょうどよいです。

Springをなんとなくで使っている場合にもおすすめ

チームでSpringを使っていて途中から入ったため、なんとなく周囲のコードに合わせてコードを書いている、という場合にもおすすめです。Springの基礎について丁寧に説明してあるので頭の中が整理されます。また、知らない機能を知れるかもしれません。

個人的にはとても役に立ちました

私自身は「Springをなんとなくで使っている」、に該当していたので、この本で基礎を再確認してよかったです。どの機能をどのように使うか知ることで、現在担当しているアプリの問題点と改善点を発見できたのはよい経験でした。 欲を言えばテストまで書いてほしかったです。

基礎が固まったので今後もっと実践的な書籍も読んでみたいと思いました。