STEP 2での成果物 (STEP 2 : ユーザ認証を行なって、自分だけが読み込めて書き込めるタスク管理アプリを作成する - React + Redux + Firebase チュートリアル)

★前回の記事

yucatio.hatenablog.com

STEP 2では、ユーザごとのタスクを管理できるアプリを作成します。 ログインボタンを設置し、ログイン後にタスクの閲覧、更新を可能にします。

ログイン時↓

f:id:yucatio:20181005121256p:plain

未ログイン時↓

f:id:yucatio:20181003115328p:plain

簡単のため、今回はGoogleアカウントでの認証のみ実装します。

DBツリーは以下のようになります。

/
  |_ ユーザ1
  | |_ タスク1
  | | |_ text : '起きる'
  | | |_ completed : true
  | |_ タスク2
  |   |_ text : '朝ごはん'
  |   |_ completed : false
  |_ ユーザ2
  | |_ タスク3
  | | |_ text : '腕立て伏せ'
  | | |_ completed : false
  | |_ タスク4
  |   |_ text : 'ジョギング'
  |   |_ completed : true
    ...

それでは、STEP 2のチュートリアルを始めましょう。

★次回の記事

yucatio.hatenablog.com

★目次

yucatio.hatenablog.com