Javaエンジニア、Ruby on Railsでアプリを作る

整理券アプリを作成中です

Rubyのバージョンアップ方法(rbenv使用) - うまくいく場合

PCにインストールされているRubyのバージョンが古かったので、最新の安定板にアップデートしました

開発環境

バージョンアップ手順

現在のバージョンを確認

$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2012-02-08 patchlevel 358) [universal-darwin12.0]

4年前のバージョンですね

ruby自体のバージョンをあげるにはいくつか方法があるようなのですが、今回は友人おすすめのrbenvを使用します。

rbenvの設定

rbenv を git clone
ソースパス/URL https://github.com/sstephenson/rbenv.git
保存先のパス ~/.rbenv

f:id:yucatio:20160512225025p:plain

ログインスクリプトに必要事項を記載
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

# 初回なのでsourceをする。以降はログイン時に上記コマンドが実行される
$ source ~/.bash_profile

# コマンドの確認
$ which rbenv
$ which rbenv
/Users/user/.rbenv/bin/rbenv
ruby-buildをgit clone

rubyのバージョン管理にはこのプラグインが必要なようです

ソースパス/URL https://github.com/sstephenson/ruby-build.git
保存先のパス ~/.rbenv/plugins/ruby-build

f:id:yucatio:20160512225044p:plain

インストールできるバージョンの確認
# インストールできるrubyのバージョンを確認
$ rbenv install -l
Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
# 後略

https://www.ruby-lang.org/ja/downloads/

を確認すると、最新(2016年05月10日時点)の安定版が2.3.1なので、このバージョンをインストールします。 2.3.1がインストールできるか念のため確認。

$ rbenv install -l | grep 2.3.1
  2.3.1

大丈夫そうですね。

rubyのバージョンを指定してインストール
$ rbenv install 2.3.1
Downloading openssl-1.0.2h.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/1d4007e53aad94a5b2002fe045ee7bb0b3d98f1a47f8b2bc851dcd1c74332919
Installing openssl-1.0.2h...
Installed openssl-1.0.2h to /Users/user/.rbenv/versions/2.3.1

Downloading ruby-2.3.1.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.3/ruby-2.3.1.tar.bz2
Installing ruby-2.3.1...
Installed ruby-2.3.1 to /Users/user/.rbenv/versions/2.3.1
デフォルトで使用するrubyのバージョンを指定する

デフォルトで使用するrubyのバージョンを指定します

$ rbenv global 2.3.1

rubyバージョンの確認

$ ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26 revision 54768) [x86_64-darwin12.0]

バージョンアップできました。

しかし、バージョンアップをする最中にいろいろな問題に遭遇したのでした (次回へ続く)

"パーフェクトRuby on Rails"という本を参考にしています

パーフェクトRuby on Rails

パーフェクトRuby on Rails
著者:すがわらまさのり
価格:3,110円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る