Javaエンジニア、React+Firebaseでアプリを作る

趣味で作ったものいろいろ

うっかりミスを防ぐeclipseおすすめ設定6つ【前編】

こんにちは。プログラミングでうっかりミスをしてしまうブログ主です。特にスペルミスがひどいです。 レビューで指摘されると申し訳無い気持ちになるので、そのようなうっかりミスを防止(警告)するeclipseの設定をまとめました。

空白の表示

空白タブ、全角空白、改行文字などを表示するオプションです。

設定 > 一般 > エディター > テキスト・エディター > 空白文字を表示にチェックを入れます。

f:id:yucatio:20200107085812p:plain

次に、可視性の構成をクリックして全てチェックを入れます。

f:id:yucatio:20200107085824p:plain

設定前↓

f:id:yucatio:20200107085900p:plain

設定後↓

f:id:yucatio:20200107085911p:plain

タブは^、スペースは.、全角スペースはで表示されました。改行コードは、LF(Unixの改行コード)は、CRLF(Windowsの改行コード)はで表示されます。

チーム開発時にONにしてほしいオプションナンバー1です。空白とタブを混ぜると後々見にくさの原因になります。

スペルチェック

スペルをチェックをするオプションです。

設定 > 一般 > エディター > テキスト・エディター > スペル > スペル・チェックを使用可能にするにチェックを入れます。

f:id:yucatio:20200107091023p:plain

設定前↓

f:id:yucatio:20200107091117p:plain

設定後↓

f:id:yucatio:20200107091131p:plain

赤の波線が出ている箇所にマウスオーバーすると、修正の候補が表示されます↓

f:id:yucatio:20200107091144p:plain

Javadocのチェック

Javadoc@paramなどの項目がメソッドの定義と一致しているかをチェックするオプションです。リファクタリングのときにJavadocを修正し忘れることはよくあるので入れておきたい設定です。

設定 > Java > コンパイラー > Javadocを開き、以下のような設定にします。

f:id:yucatio:20200107113825p:plain

各設定項目の挙動についてはこちらの記事をご覧ください。

yucatio.hatenablog.com

yucatio.hatenablog.com

設定前↓

f:id:yucatio:20200107113839p:plain

設定後↓

f:id:yucatio:20200107113905p:plain

メソッドで宣言されていないパラメータがJavadocにあると警告を出します↓

f:id:yucatio:20200107113920p:plain

returnに何も記述されていないと警告を出します↓

f:id:yucatio:20200107113931p:plain

存在しないクラスやメソッドを参照すると警告を出します↓

f:id:yucatio:20200107113942p:plain

メソッド宣言にあって、Javadocに無いパラメータがあるときに警告を出します↓

f:id:yucatio:20200107113954p:plain

環境

後編に続く

長くなったので続きます。

yucatio.hatenablog.com